通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > まんが > 作品タイトル > 少年まんが > ジャンプ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > まんが > 作品タイトル > 分野 > ギャグ・ナンセンス
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > まんが > 作品タイトル > 分野 > アクション・格闘
ドラゴンボール (まんが)
辞書:萌色用語の基礎知識 まんが題名編 (OMTITLE)
読み:ドラゴンボール
外語:DRAGON BALL
品詞:固有名詞

鳥山明作のギャグまんが。週刊少年ジャンプ連載。連載期間は1984(昭和59)年12月〜1995(平成7)年5月。全519話、単行本全42巻。

世界に散らばる7つのドラゴンボールを集めると、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる神龍(シェンロン)が現われる。そんな世界でドラゴンボールを巡る血で血を洗う冒険活劇を描く。

当初は、野生少年孫悟空が、偶然出会った少女ブルマと共にドラゴンボール探しの旅に出かける、というのがあらすじで始まったが、後に格闘まんがとなった。

強敵は順に、レッドリボン軍や桃白白。次は天津飯と餃子、ピッコロ大魔王、サイヤ人、ベジータ、ギニュー特戦隊、フリーザ、人造人間、セル、魔人ブウ、である。このように次々と強敵が現われ、舞台を宇宙に移すようになり、格闘まんがとして当時の少年達をくぎ付けにした。主人公の孫悟空は心清らかであったため、かつての強敵も戦いの後には仲間となり、このため更に強い敵が登場することとなったようだ。

テレビアニメは、悟空の少年期(連載開始〜ピッコロ大魔王まで)が "ドラゴンボール"、悟空の青年期(サイヤ人〜連載終了)までが "ドラゴンボールZ"、オリジナルストーリーの "ドラゴンボールGT" が放映されている。

リンク
用語の所属
鳥山明
週刊少年ジャンプ
DB
関連する作品
ドラゴンボール (アニメ)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic