通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 有線
ゲーム > ハードウェア(ゲーム機) > 業務用ゲーム機
ハーネス
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ハード編 (GHARD)
読み:ハーネス
外語:harness
品詞:名詞

基板と、筐体コントロールボックスを接続するためのケーブル。

目次
概要

アーケードゲームは基本的に「基板」という形で販売される。専用筐体を要求するものもあるが、そうでないものは汎用の筐体に入れて使う。これがいわゆるゲームセンターの日常的な光景である。

ここで、筐体と基板を接続する方法が必要となる。この時使うのが、ハーネスと呼ばれるケーブルである。近年は統一されつつあるが、そのような統一規格が無かった古いゲームは、ゲームごとに別々になっていることも珍しくはなかった。

2010(平成22)年現在は新JAMMA規格(JVS規格とも)が多く、それ以前で1986(昭和61)年以降のゲームは8割程度はJAMMA規格(JS規格)のハーネスが使われる。

特徴
JAMMA

JAMMAハーネスは汎用性が高く、殆どのゲーム基板に利用でき、そして利用されていた。

市販の筐体もJAMMAの規格に準じており、基板を変えるだけで、どのメーカーのゲームにも入れ替えられる利点があった。

但し、JAMMAハーネスは1P、2P、それぞれでボタン3個までしか対応していない。カプコンのストリートファイターIIのように多くのボタンを使うゲームでは、追加のケーブルが必要になる。

麻雀ハーネス

麻雀ゲームの場合、使用する操作パネルが通常のゲームとは異なるため、専用のハーネスが使われる。

リンク
関連する用語
コントロールボックス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic