通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ゲーム一般に使われる用語
ボスキャラクター
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・用語編 (GYOGO)
読み:ボスキャラクター
品詞:名詞

ゲームにおいて、要所や最後に登場する強い敵キャラクターのこと。略して「ボスキャラ」、あるいは単に「ボス」。

目次
概要

RPGアクションゲーム格闘ゲームといった、敵と戦うゲームに登場する。

ゲームは、その結末を明確化したり、節目を作り展開にメリハリを持たせるために、こういった敵キャラが用意される。簡単には、このボスキャラクターを倒すことがゲームの目的になる。

「ボス」は英語で親分、親玉、あるいは組織・部署の長といった意味だが、ゲーム中で登場するボスキャラが、必ずしもそのような地位とは限らない。

特徴
種類

ゲームによって、どのようなボスキャラが登場するかは異なる。

種類に分けられていることもある。


SMBの場合

任天堂の横スクロールアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の場合、ステージは1-1から8-4まである。

ワールド1から8に、ステージが1から4まであるが、各ワールドのステージ4にボス敵の大魔王「クッパ」がいる。

但しワールド1から7までは部下が変身した偽物で、いわゆる「中ボス」になる。最後のステージ8が本物で、これが「最終ボス」(ラスボス)になる。


DQ1の場合

エニックスのRPG、ドラゴンクエスト (初代)では、ボス敵は竜王である。

メルキド前のゴーレムや、ゲーム中盤でローラ姫の牢屋の前にいるドラゴン、ドムドーラの町近くでロトの鎧を入手するために戦う「悪魔の騎士」は「中ボス」である。

最初に「世界の半分をやろう」と取り引きをしてくる竜王は「最終ボス」だが、最初に現われるのは「仮ボス」であり、倒すと竜王の真の姿が現われる。これが「真ボス」である。

ボス敵を倒しても姿を変えてもう一度、という画期的なスタイルは、以降のRPGに大きな影響を与えることになった。


DQ2以降の場合

完全にネタバレであるが、DQ2以降も、スタイルは殆ど変わっていない。

ただ、DQ3以降はすぐに真ボスが出るのではなくなり、またDQ5以降は追加のダンジョン+裏ボス、が追加された。

以降は中ボス等省略

リンク
用語の所属
ゲーム
関連する用語
ボス
ボスラッシュ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic