通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > まんが > 作品タイトル > 少年まんが > ジャンプ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > まんが > 作品タイトル > 分野 > アクション・格闘
北斗の拳 (まんが)
辞書:萌色用語の基礎知識 まんが題名編 (OMTITLE)
読み:ほくとのけん
外語:Hokuto no Ken
品詞:固有名詞

武論尊原案、原哲夫作画の世紀末格闘まんが。週刊少年ジャンプ連載。テレビアニメにもなった。

核戦争で崩壊した地球上が舞台。一子相伝の暗殺拳 "北斗神拳" の伝承者ケンシロウを中心に物語は進む。

この作品は、顔の悪い悪党は即座に消滅し("死ぬ" 以上の悲惨な消え方をする)、顔がいいと縮尺に問題のでる程に巨大であり死ににくいという特性を持つ。この定理は男のみに適用され、女はみな美しい。ただし例外もいくつかあり、なかでも羅漢仁王拳の使い手デビルリバースの巨大ぶりは反則(推定体長40m)である。しかも彼は過去13回死刑にあいながら死んでいない。

リンク
作者・掲載誌
週刊少年ジャンプ
関連する作品
北斗の拳 (アニメ)
登場キャラ
ケンシロウ
ジャギ
北斗4兄弟

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic