通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > キャラクター > 同人・創作系 > 団体・企業
秋葉原おそうじ志隊
辞書:萌色用語の基礎知識 萌え用語編 (OZMOEY)
読み:あきはばら-おそうじしたい
品詞:名詞

秋葉原の掃除ボランティア。

目次
概要

2002(平成14)年6月8日(土曜日)に第一回が行なわれた。

以降、何度か行なわれており、毎度200人以上が集まっている。

主催は秋葉原周辺まちづくり研究会、クラーク記念国際高校クラーク秋葉原itキャンパス、「あきば通」実行委員会で、さらに鹿島建設株式会社、株式会社千代田園などが協賛した。

第一回
好評を博す

いろいろ散らかった街なので、掃除はいつか必要であったろう。

しかし単なる掃除ボランティアの募集をしたところで、それほど注目されることもなく、人も集まらなかったと思われる。

だが、第一回目は、最終的に220人が参加したということである。それはなぜか。

外神田あみたん

最も注目されたのはポスターの図柄が外神田あみたんという萌えであったことである。

何しろそこはアキバ。日本の萌えの発信基地のようなものである。萌えに共感するオタたちが多数参加し、220人という参加人数を実現させたのである。

参加賞

参加者はあきば通と、作業中にワッペンとして張るためのステッカーが貰えた。具体的にはそれだけである。

また作業中に付けていた外神田あみたんの腕章も、欲しい人は有償で買い取り可能であった。従って、特別に参加賞といえるようなものはなく、本当にボランティアである。

ただ、要らなくなった看板などは欲しい人に無料進呈となり、ハイエナのような人たちに次々とさらわれてしまったそうである。

開催日
リンク
関連するリンク
http://anime-ch.nicovideo.jp/static/osouji
関連する用語
外神田あみたん
あきば通

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic