通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 遊び・運動 > カラオケ
UGA
辞書:萌色用語の基礎知識 萌え用語編 (OZMOEY)
読み:ウガ
外語:UGA
品詞:商品名

BMBが販売/運用している業務用通信カラオケシステムの商品名。

目次
概要

かつての有線「U-kara」とパイオニア「BeMAX'S」が統合し「B-kara」となり、この後継として登場したのがUGAである。UGAでは、旧B-karaの曲も選曲可能。

曲数は膨大で他の追随を許さないが、マイナー曲、アルバム曲、洋楽、古めの曲ばかりであり、最近の曲は少ない傾向にある。音質はあまり良くない。

特徴
ラインナップ

このほかに、特定用途向けの機種が存在する。

人気

三強と呼ばれる中では圧倒的にマイナーである。

カラオケボックスのフランチャイズに置かれているが、機種にこだわる人はDAMJOYSOUNDを主に使うため、それ以外の機種にこだわらない人が主に使っているようである。

UGAはカラオケボックスなどの「デイ市場」では不人気だが、スナックなどの「ナイト市場」には好評とされている。

身売り

BMBはUSENの100%子会社だったが、USENにとってカラオケ事業は非中核事業であり、売却先を探していた。JOYSOUNDを運営しているブラザー工業またはエクシングに全株式を売却することで合意したと2009(平成21)年9月30日、発表された。

2009(平成21)年10月30日に、うちエクシングに対し69,032,236株全てを1円で売却することに決定し、2010(平成22)年1月20日に株式譲渡が完了した。

なお、株式譲渡価格は1円だが、BMBのUSENに対する債権債務を引き継ぐため、実質の買収額は230億円となる。

リンク
用語の所属
カラオケ
関連する用語
JOYSOUND

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic