通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
動力集中方式
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道技術編 (RTECH)
読み:どうりょくしゅうちゅうほうしき
外語:concentrative power method
品詞:名詞

列車を動かす方式の一。動力源を1カ所に集中させて列車を動かすもの。機関車牽引などがこれに当たる。

動力分散方式と比べて、客車部分の騒音が減る、車両コストが軽くなるといった利点があるが、列車折り返しに手間がかかる、列車長が長くなる、線路に与える負担が大きい、加減速性能が悪いといった欠点もある。

日本以外では、長距離列車は動力集中というのが常識であり、事実、ヨーロッパの高速列車は、ほとんどが両端機関車方式の動力集中方式である。しかし、最新のICEでは動力分散方式の利点が注目され、動力分散方式を採用した。また日本はほとんどの列車が動力分散方式となり、動力集中方式は一部の寝台列車や貨物列車でしか見られなくなっている。

リンク
関連する用語
機関車
寝台特急
動力分散方式
ICE

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic