通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 設備 > 駅内設備
島式ホーム
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:しましきホーム
外語:island platform
品詞:名詞

2本の線路の間に設けられるホームのこと。上下線、または同一方向の2線が同じホームとなる。

目次
特徴

相対式ホームと比べて建設費が安い、ホームを間違えることが無いという利点があるが、駅の前後で必ず曲線ができる、ホームの延長が困難などの欠点がある。

また大江戸線のように、ワンマン運転を前提とした路線では全駅を島式ホームとし、右側運転台を導入する、といった方法を取ることもある。

改良方法

慢性的に混雑している路線では、両側のホームに同時に列車が到着すると危険なほど混雑するという、大きな欠点がある。

このため、そのような駅では、ホームの片側に柵を設けてどちらかの線専用ホームとして、もう一方の線路の外側に新たにホームを造る、といった措置が取られる。この例として、JR山手線・渋谷駅、小田急小田原線・下北沢駅、京王線・仙川駅などがある。

リンク
関連する用語
ホーム
交互発着
相対式ホーム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic