通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 切符など > 鉄道用カード > ICカード > 地域ローカル > 九州・沖縄
社会科学 > 経済・ビジネス > 金融・投資 > 通貨 > 電子マネー
長崎スマートカード
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:ながさき-スマートカード
品詞:商品名

長崎県のバス・路面電車・私鉄で使われていたICカード乗車券の愛称。ソニーが開発したFeliCaシステムを採用していた。

目次
仕様
概要

長崎県内のバス及び鉄軌道事業者で共通利用可能なICカード乗車券だった。

日本初の共通ICバスカードとされている。開発は小田原機器。

経年劣化もあり、システムの更新として、この長崎スマートカードは廃止されることになった。長崎バスおよびグループは「エヌタスTカード」を新規導入、それ以外の社局はnagasaki nimocaを採用した。

特徴
利用可能地域

以下の事業者の路面電車および路線バスで利用できる。

高速バスやコミュニティバスで利用できるのは次の範囲となる。

利用不可地域

利用可能範囲は今後増える可能性があるが、以下は現時点では利用できない。

販売額

3,000円で販売されている。デポジットは無料であるため、全額が利用可能である。

購入時およびチャージ時に、10%のプレミアム額が追加される。

特典

プレミアム

共通カードではあるが、10%のプレミアム額が存在する。

更に、積み増し(チャージ)時、購入または前回積み増しからの利用運賃額に対して1%のポイントが付加される。


乗継割引

30分以内に同じバス停から同じ事業者のバスに乗り継いだ場合、1日2回までの乗り継ぎ割引が適用される。

割引額は、1度目と2度目の乗車運賃額の合計の5%(10円単位に四捨五入)で、これが2度目の乗車運賃から割引かれる。


ポイント

利用した運賃に対して1%のポイントが付く。

前回のチャージ(または新規購入)から、今回のチャージまでの間の運賃額に1%を乗じたポイントがつき、10円単位の額について、チャージの際に同時に還元される。10円に満たない分については次回に持ち越される。

電子マネー

電子マネーには対応していない。

リンク
用語の所属
ICカード乗車券
FeliCa
非接触ICカード
関連する用語
ひまわりバスカード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic