通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > ISAS系 > カッパ
カッパロケット
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:カッパロケット
外語:kappa rocket
品詞:名詞

ベビーロケットに続く日本の固体燃料ロケットで、戦後の日本初の本格的な固体燃料ロケット。衛星打ち上げはできず、主に観測目的で使われた。

目次
概要

東京大学(後の宇宙科学研究所(ISAS)→JAXA)が1958(昭和33)年に開発した。

カッパはkを意味するギリシャ語κから取られた。なぜκなのかは謎である。少なくとも河童とは関係が無いらしい。

カッパロケットはK-4型、K-6型、K-8型、K-9M型、K-10型など様々なものが作られ、地球上層大気観測に使われた。

特徴

開発の主要な目的は、国際気象観測年(IGY)への参加であった。目標は高度100kmである。

数々の試行錯誤の末、1958(昭和33)年に二段式固体燃料ロケット カッパ6(K-6)型の開発に成功し、到達高度は60kmではあったがIGYへの参加を無事果たした。なお、この時自力でロケットを上げたのは、米ソの他にはイギリスと日本だけだった。

このロケットは、タイニー・ランス→ベビー・ランス→フライイング・ランスという名で開発される計画の最後、フライイング・ランスに相当するものである。

リンク
該当するロケット
K-9M
K-10
関連する用語
ペンシルロケット
ベビーロケット
ラムダロケット
λ-4S

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic