通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 糖/甘味料
グリチルリチン酸二カリウム
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:グリチルリチンさん-にカリウム
外語:Glycyrrhizic acid dipotassium salt
品詞:名詞

生薬系抗炎症剤。配糖体であるグリチルリチン酸のカリウム塩。グリチルリチン酸と同様に甘味がある。

目次
概要
基本情報

グリチルリチン酸二カリウム
グリチルリチン酸二カリウム

誘導体、関連物質の例
性質

グリチルリチン酸と同様に、甘草の根から抽出している。

グリチルリチン酸二カリウムは、1分子のグリチルレチン酸と、2分子のグルクロン酸が化合した化合物であるが、薬効自体はどちらも同じである。

目薬として目の炎症を抑えたり、歯磨き粉として甘味を付けつつ歯槽の炎症を抑えたりする用途に使われている。ボディーソープやシャンプー等にも使われている。

副作用は全くと言っていいほどない。

特徴
安全性

危険性

有害性

環境影響
リンク
用語の所属
天然甘味料
配糖体
トリテルペン
関連する用語
グリチルリチン酸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic