通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 光学
コマ収差
辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:コマしゅうさ
外語:coma
品詞:名詞

光学系に斜めに入ってきた光が、通ってきた経路によって少しずつずれた点に集まる現象。視野周辺に行くに従い影響が強く見られる。

概要

ニュートン式望遠鏡をはじめ、多くの反射望遠鏡ではコマ収差が除去されていない。そのため、視界の中心では点像を結ぶ場合でも、周辺では星は点像にならず、まるで彗星のような流れた像となる。

コマ収差はF値が小さいほど、また低倍率なほど良く目立つ。また、コマコレクターなどと呼ばれる、コマ収差を打ち消すためのレンズ系が用意されることもある。

リンク
関連する用語
反射望遠鏡
F値

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic