通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > コイル
ソレノイド
辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:ソレノイド
外語:solenoid
品詞:名詞

中空(鉄心などが入っていない)で筒型のコイル

目次
概要

単にソレノイドというとコイル自身を指す。

分野によっては異なるものを指すことがあり、工学分野では、そのソレノイドを電磁石として用い、その電磁力を利用して電気エネルギーを機械的運動に変換する機能部品をいうことが多い。

特徴
用途

機能部品としてのソレノイドは、モーターと同様のアクチュエーターとして使われている。

但し、機構および動作は単純であり、装置をシンプルにしたい場合に使われることが多い。

動作

一般に、電磁モーターは回転運動を得るために使われる。直線運動を得るためにはリニアモーターが使われるが、特殊なものである。

ソレノイドも用途は似ており、回転型と直線型があるが、モーターとは違い連続的な動作(エンドレスな動作)をするのではなく、限定された範囲内で短時間に動作させる目的で使われる。また、一般的なソレノイドは直線型であり、直線往復運動をするために使われる。

ドライバー

ソレノイドを稼働させるためには、それなりに大きな電流が必要である。そこで、その電流を作るためのドライバーソレノイドドライバーを併用する。

ソレノイドドライバーは長時間(500ms〜1s程度以上)引き続けた時に燃えて発煙し、故障してしまうため、制御や取り扱いには細心の注意が必要となる。

リンク
関連する用語
コイル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic