通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 観測 > 領域
ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ハッブルディープフィールド
外語:HUDF: Hubble Ultra-Deep Field
品詞:名詞

2003(平成15)年にハッブル宇宙望遠鏡が撮影した、ろ座の一角のこと。ハッブル超深宇宙フィールド、ハッブル超深宇宙域。

目次
概要

1985(昭和60)年のハッブル・ディープ・フィールド、1998(平成10)年のハッブル・ディープ・フィールド南天領域に続く深宇宙探査として設定された領域である。

以降、この領域で超遠方の銀河が多数観測されている。

宇宙年齢を137億歳とすると、おおむねビッグバン後4億〜7億年後程度以降を観測できると見込まれている。

2011(平成23)年現在、ここで赤方偏移量z>10の銀河、UDFj-39546284が発見されており、観測史上最遠の銀河となっている。

特徴
遠方の銀河

発見された主な銀河は次の通り。

これを著している時点で、赤方偏移が10以上の天体はUDFj-39546284のみである。

しかし暗すぎて(実視等級30以下)スペクトル観測が出来ないため、距離の確定は2018(平成30)年以降に打ち上げが予定されているハッブル宇宙望遠鏡の後継機「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)」による観測を待つ必要がある。

その他天体

その他、よく知られる天体。

リンク
関連する用語
ハッブル・ディープ・フィールド
ハッブル・ディープ・フィールド南天領域
銀河

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic