通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 打ち上げ方式
ピギーバック打ち上げ方式
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ピギーバックうちあげほうしき
外語:piggyback
品詞:名詞

大型の人工衛星を打ち上げる際、ロケットの隙間を利用して小型の衛星を搭載し、同時に打ち上げる方式。

この方式を用いると、打ち上げコストは格安、あるいは無料にすることも可能。その代わり、搭載できる衛星の大きさや質量に制限を受けることになり、また主衛星の障害になると判断されたときはロケットから切り離されない場合もありうる、という一定のリスクを負うことになる。

扱いはあくまで "おまけ" なので、この方式を使うピギーバック衛星(便乗衛星)は、万一打ち上げや分離に失敗してもロケット側の責任が問われないのが国際ルールである。

リンク
関連する用語
人工衛星
DASH

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic