通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 水酸基 > アルコール
ブタノール
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・溶媒溶剤編 (NSUBNS)
読み:ブタノール
外語:butanol
品詞:名詞

炭素数4の飽和一価アルコール。ブチルアルコール。

目次
概要

4つの異性体があり、それぞれ性質が違い用途も異なるが、塗料の溶剤、脱水剤、可塑剤の原料、界面活性剤などに使われている。

単にブタノールと言えば直鎖の1-ブタノールをいい、それ以外は異性体として扱われる。

特徴

有毒であり、吸引した場合、咳や目眩い、頭痛などを起こす。吸引を続ければ昼間でも星の瞬きを観測できよう。

近年はバイオエタノールと称してエタノールの燃料化が進んでいるが、エタノールよりも発熱量が26%高く、ガソリンに近いことからガソリン車用のパイプラインやガソリンエンジンがそのまま使える利点があるブタノールにも注目が集まっている。産業技術総合研究所の研究チームが高効率の精製技術開発に成功している。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード n
ICSC 国際化学物質安全性カード sec
ICSC 国際化学物質安全性カード イソ
ICSC 国際化学物質安全性カード tert
用語の所属
アルコール
関連する用語
溶剤
界面活性剤

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic