通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 地震学
マグニチュード
辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:マグニチュード
外語:magnitude
品詞:名詞

地震のエネルギー規模を表わす単位。1935(昭和10)年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒター(1900(明治33)年〜1985(昭和60)年)が考案した。

目次
概要

マグニチュードは、記録された最大振幅の地震波の常用対数を用いる。これにより、震源からの距離が等しければ、地震の規模が1桁大きくなるたびにマグニチュードは1ずつ大きくなる。

このように地震エネルギーとマグニチュードは対数関係にあるため、マグニチュードが0.2大きくなれば地震の規模は約2倍、1大きくなれば地震の規模は約32倍、2大きくなれば地震の規模は1000倍ということになる。

特徴
種類

マグニチュードはその決め方(測定方法や計算方法など)が複数種類が存在し、互いに互換性はない。概ね、次のようなものがある。

日本の場合は気象庁マグニチュード(Mj)と呼ばれるものが使われ、気象庁がマグニチュードとして発表するものは、これである。

地震学など、世界的にはモーメントマグニチュード(Mw、瞬間マグニチュードとも邦訳される)が使われている。

数値

古典的な方式では、マグニチュードの値は概ね8程度を上限として頭打ちになる傾向が強い。

このマグニチュード8を超える巨大地震でも、地震の規模を評価しやすいように開発されたものがモーメントマグニチュード(Mw)で、現在では広く使われていることになる。

リンク
関連する用語
震度

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic