通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ
ワイヤードOR
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ワイヤード-オア
外語:Wired OR
品詞:名詞

ゲート回路の接続法で、単に出力を並列に接続するだけでORの論理を得ようとするもの。

目次
概要

バスラインインターフェイスが小規模・低速ならば、この接続で作ることができる。

なお、"OR" とは名付けられているが、DTLTTLの場合は負論理の "OR"、つまり普通のゲートの呼び名では "AND" に相当することに注意しなければならない。

回路図では、結線の交点に論理シンボルを描いて、そこに論理操作がある旨を分かりやすく示すことがある。

特徴

DTLの世代までは普通に行なわれていたテクニックであったが、TTLでは高速化を目的として出力回路が変更されたため、許されない接続法となってしまった。無理に接続しても、動作が保証されないばかりか、素子が破壊される恐れもある。

それでも必要な場合、TTLには「オープンコレクタ出力」という変種がファミリー内に用意されているので、これを使わなくてはならない。

今ではゲート単価が下がったことと、動作速度が遅い欠点があるために、このような貧乏臭い技術の出番は少なくなった。

リンク
用語の所属
ゲート回路
関連する用語
DTL
TTL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic