通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 観測用装置 > 望遠鏡・天文台 > 望遠鏡 > 部品・装置 > レンズ
自然科学 > 物理 > 光学
倍率色収差
辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:ばいりつ-いろしゅうさ
品詞:名詞

色収差の一つで、波長(色)の異なる光は、倍率が変わり、異なる場所に結像してしまう現象。

収差

光の屈折率は波長により変化するため、レンズによる倍率も波長により変化する。

このため、光が入射する角度によって倍率が異なるという現象が発生する。

こちらもやはり焦点が一点に集まらないために、色が付いて見えてしまう。

倍率色収差
倍率色収差

リンク
関連する用語
色収差

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic