通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 気象学 > 自然現象
台風
辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:たいふう
外語:typhoon
品詞:名詞

北太平洋の南西部に発生し、北上してフィリピン共和国支那大陸日本国などを襲う暴風雨のこと。発達した熱帯低気圧の一種。

目次
概要

日本の定義では、熱帯や亜熱帯の海上で発生した熱帯低気圧のうち、東経180度より日本側で、かつ最大風速が17.2m/s(15m/cBeat)(34ノット)以上になったものを台風と呼ぶ。

台風の名は支那語由来で、支那語では颱風と書く。台風の語源はギリシャ神話の怪物テユホンの作る嵐タイフーンに由来するとする説が一般的。しかし逆に、このギリシャ神話のタイフーンは支那語の台風が語源となったとする説もある。

特徴
指標

台風の勢力には二つの指標があり、「大きさ」と「強さ」で表わされる。

大きさ

大きさにより、次のように分けられる。

強さ

強さにより、次のように分けられる。

番号

台風の条件を満たした場合に、その年の最初の台風を1番として、連番で順に番号が付けられて呼ばれる。

その後、台風の勢力が弱まった場合は熱帯低気圧や温帯低気圧となるが、これは番号を付けない。

なお、台風の勢力が弱まり熱帯低気圧などとなっても、再び発達して台風の条件を満たした場合、また台風と呼ばれる。この時は、番号は変えず、元々付けられていた台風の番号をそのまま引き継ぐ。

リンク
関連する用語
ハリケーン
サイクロン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic