通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 数学 > 数・数概念
合成数
辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:ごうせいすう
外語:composite number
品詞:名詞

複数の素数で表わせる(=合成)数。すなわち、4以上の素数でない自然数であり、1と自身以外の約数を持つ数をいう。

目次
概要

複数の素数からなる整数である。

言い換えれば、素数でない自然数が合成数である。例外としては、1は自然数だが、合成数でも素数でもない。

特徴

4以上の全ての偶数は合成数である。従って、4以上では最低でも二つおきには合成数が生じ、たまに奇数も合成数であるので、合成数が連続することもある。

例えば奇数であっても、10以上の場合、1の位が5であれば常に合成数である。

例えば、30以下の合成数は次のようになる。

4689、10、12、14、15、16、18、20、21、22、24、25、26、27、28、30

上が合成数である理由は、以下の通りである。

2が素数なので、2の倍数つまり4以上の偶数は全て合成数であることが分かる。

また、5も素数なので、10以上の全ての1の位が0または5の数が合成数であることも分かる。

リンク
用語の所属
自然数
関連する用語
素数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic