通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 宇宙ステーション
国際宇宙ステーション
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:こくさいうちゅうステーション
外語:ISS: International Space Station
品詞:固有名詞

アメリカ、ロシア、日本、カナダ、ヨーロッパなど、計15ヶ国の国際協力によって計画が進められている宇宙ステーション

目次
概要

計画は1998(平成10)年11月に打ち上げられたロシアの基本機能モジュール「Заря(ザーリャ)」から始まった。

アメリカのスペースシャトル、ロシアのプロトンロケットやソユーズロケット、日本のH-IIBロケット&こうのとりを用い、機材を地球から運び組み立てていった。

運用は2020(令和2)年頃までを予定していたが、延長されている。運用終了後は、前の宇宙ステーション「ミール」と同様に大気圏に再突入させ、海に墜落させる計画である。

仕様
特徴
参加国

計15ヶ国が参加している。

軌道

地上からの高度は約400kmである。

1周約90分という猛スピードで地球を円軌道で回りながら、実験、研究、地球や天体の観測などを実施する。

宇宙飛行士

2000(平成12)年10月から、アメリカとロシアの宇宙飛行士3名の滞在が開始された。

以降、長期滞在の宇宙飛行士は約6ヶ月ごとに交代し、科学実験や保守作業などを実施している。

リンク
関連するリンク
写真
関連する用語
宇宙ステーション
きぼう (JEM)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic