通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 軌道
太陽同期軌道
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:たいようどうき-きどう
外語:SSO: Sun-synchronous orbit
品詞:名詞

衛星と太陽の位置関係が常に同期するように飛行する軌道。すなわち、衛星の軌道面と、太陽光角度が、常に一定となるように飛行する軌道をいう。

この軌道では衛星の軌道面全体が1年で1回転することになる。この軌道は極軌道でのみ可能だが、極軌道では軌道面が回転しない。そこで、90°より少し大きな傾斜角で回転させ、地球と同方向に軌道面を回転させる。

適切な軌道傾斜角は軌道高度により変化し、高度800kmの円軌道なら傾斜角は98.4°となる。

この軌道から地球をみると太陽光の入射角が常に一定になるため、地球表面の観測に適している。

リンク
関連する用語
極軌道
太陽同期準回帰軌道
準回帰軌道
人工衛星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic