通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 骨格・核 > ステロイド核
抱合胆汁酸
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官物質編 (BBORGS)
読み:ほうごう-たんじゅう-さん
外語:conjugated bile acid
品詞:名詞

胆汁酸の24位のカルボキシル基にグリシンやタウリンが結合した1次胆汁酸。

コール酸のグリシン抱合体はグリココール酸、同タウリン抱合体はタウロコール酸

一分子中に極性部分(グリシンやタウリン)と非極性部分(ステロイド核)を有し、強い界面活性作用を持つ。

リンク
物質の所属
胆汁酸
該当する物質
グリココール酸
タウロコール酸
関連する用語
カルボキシル基
一次胆汁酸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic