通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 疾病・症状 > 部位別 > 排泄系 > 泌尿器
水腎症
辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:すいじんしょう
外語:hydronephrosis
品詞:名詞

腎臓病の一つで、何らかの原因で尿の流れが妨げられることで腎臓内に尿が貯まり、腎臓が腫れる病。

目次
概要

尿管のどこかに狭窄等があり、尿の流れが妨げられるため腎臓に尿が逆流してしまう。病因は腎臓にはなく、言うなれば腎臓は被害者である。

狭窄等が尿管の一番上(腎盂尿管移行部)にあると、腎盂の拡張を伴う水腎症となる。

これが尿管の一番下(膀胱尿管移行部)の場合、まずは尿管が拡張する水尿管症となる。

病因

水尿管症と共にその発生原因は様々であるが、小児期に発見されるものは、その多くは先天性の疾患である。

先天性であればその原因は尿路のどこかに異常(狭窄や畸形など)があり尿の通りが悪いことが原因である。

後天性のものは、結石や腫瘍などによる圧迫などが主な原因とされる。

病態

水腎症があると、膀胱内に入り込んだ細菌が逆流した尿に乗り腎盂、腎臓まで上がってきてしまい、腎盂腎炎を罹患する可能性がある。重篤な場合は腎不全を招いたり、あるいは敗血症を引き起こし死に致ることもある。

症状

尿の貯留により尿管や腎臓が肥大化しているため、腹部が膨満し触れることが出来たり、横腹から下腹部に掛けての疝痛、鈍痛を来したりする。

腸管の不快感より、悪心や腹痛を来すこともある。

また膀胱より上昇した細菌等により感染症を罹患し、発熱等を来すこともある。

両腎が水腎症となると、腎不全症状を来すこともある。

診察・治療
治療

治療は尿の流れを確保することが必要となるが、それが不可能と判断された場合は腎臓摘出もありうる。

外科的手術については、症状に応じて判断される。軽い水腎症であれば自然に軽快することもあるが、重篤な場合は手術せざるをえない。

手術は尿管の狭窄等の障害(障礙)箇所を切除し、正常部位同士を繋ぎ合わせるのが一般的である。手術後、完治までには切除箇所よりの出血や、接合部よりの尿の漏出なども起こりうるので、長期的な観察が必要な場合もある。

検査

超音波検査で水腎症の程度を調べることができる。最近では胎児期でも超音波検査が可能となっている。

リンク
関連する疾病
水尿管症
膀胱尿管逆流症
疾病箇所
腎臓
診療科
泌尿器科

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic