通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > 処理・処理方法 > データ > データ形式 > 実数
浮動小数点
辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:ふどうしょうすうてん
外語:floating point
品詞:名詞

計算機内部での実数の表現方法の一つで、数値を仮数×基数の指数乗、つまりf×re指数表記で表わす(fは仮数部、rは基数、eは指数)もの。

目次
概要

指数形式とは、具体的には123456を0.123456×10の6乗、のようにして数値を扱うことをいう。

それぞれ「123456」を仮数部、「6」を指数部、「10」を基数という。但し、計算機においては基数に「2」を用いることが多く、「10」を使うことはまれである。

有効桁と小数点位置を合わせることを「正規化」というが、正規化されていない値も許容されており、小数点位置は固定ではない。あたかも小数点が浮いたように移動できることから、これを「浮動小数点」と呼ぶようになった。

特徴

浮動小数点を持ちいて表現された数値を、浮動小数点数という。

様々な実現方法があるが、現在はIEEEによって標準化されており、これが一般に用いられている。

リンク
用語の所属
FP
関連する用語
浮動小数点数
指数 (冪)
固定小数点

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic