通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 神経系 > > 大脳 > 大脳基底核
淡蒼球
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:たんそうきゅう
品詞:名詞

大脳基底核に属する神経核の一つ。

目次
概要

の深部にあり、大きく内節と外節に分類できる。

両部は内側髄板によって分かれるが、それぞれに構造上の差異はない。

色はやや白色を呈する。

機能

外節は大脳基底核の介在部であり、線条体より延びる間接路の経路となり、この信号は視床下核を経て内節へと送られる。視床下核への伝達はGABAが使われる。

対して内節は大脳基底核の出力部であり、線条体より延びる直接路の経路となるほか、視床下核よりの間接路の経路にもなる。

リンク
器官の所属

大脳
大脳基底核
関連する器官
線条体
視床下核

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic