通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 数学 > 数・数概念
無限大
辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:むげんだい
外語:infinite
品詞:名詞

限りなく巨大な。無限に数が増大している状態。記号は∞。

目次
概要

あらゆる数よりも大きなさまを表わす概念である。

従って、これは特定の値を表わすのではなく、値が非常に大きいという状態を表わすもと考えることができる。

∞は無限数であり、ゼロ以外の有限数との演算の結果は無限数である。つまり、∞へのゼロ以外の有限数の加減乗除は現実には意味を持たず、∞のままである。

演算
ゼロとの乗算

無限大にゼロを掛けたらどうなるのか、という問題である。考え方は二通りある。

高校数学では、無限大は数ではないので、積を求めるということ自体が出来ない。つまり「解無し」が答えである。ただ、ゼロと限りなく大きな数xの積は求めることができるので、xを大きくしていった極限で考えることとする。この時、x→∞と表わすことができ、0とxの積0xの極限がどうなるかというと、x→∞のとき0x→0になる、と表わす。従って、極限では、次のように書き表わすことができる。

lim 0x=0

x→∞

但しこれはあくまで極限での解であって、実際に∞との積を求めているわけでは無い。

大学以上の高度な数学においては、無限大は数として扱うことが可能であるため、積を求めることができる。ゼロと無限大の積は、ゼロである。

ゼロとの除算

ゼロを無限大で割ったら、および、無限大をゼロで割ったらどうなるのか、という問題である。

∞÷0=?

0÷∞=?

前者はそもそも0除算であるため、解は無い。「解無し」が答えとなる。後者は0が解である。

ただ、極限では、無限大と限りなく小さな数xの商は求めることができる。この時、x→+0およびx→-0と二通りで表わすことができ、∞とxの商の極限がどうなるかというと、x→+0のとき∞/x→∞、x→-0のとき∞/x→-∞、と書き表わすことができる。

リンク
用語の所属

関連する用語
無限小

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic