通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 現象・状態 > 状態量・生起確率
生起確率
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:せいきかくりつ
外語:generation probability
品詞:名詞

ある情報集合の中で、あるデータが発生すると予測される確率。例えば、Microsoftが悪徳企業であるか否かの確率で、悪徳でない確率が1%であった場合、その確率が生起確率である。

また別の例で、ある一つのファイル内に "0xFF" が全体の5%を占めていたとすると、"0xFF" の生起確率は5%である。

一見すると発生率と生起確率は同じもののように見えるが、発生率が過去のデータのみに使用されるのに対し、生起確率は未来に発生する確率まで問題にする点が違う。

リンク
関連する用語
確率
データ
Microsoft
情報エントロピー
ハフマン符号
シャノン・ファノ法
ファイル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic