通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 太陽系 > 惑星系 > 地名・現象
磁気圏
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:じきけん
外語:magnetosphere
品詞:名詞

惑星に繋がった磁力線により囲まれた、篭のような領域のこと。惑星と惑星間空間を隔てる境界でもある。

概要

地球の場合は、地球半径の10倍(約6荳km)の位置にある。

太陽風は、大洋側つまり地球の昼の側に吹き付けて来て来る。このため磁気圏は太陽風に吹き流されて、地球の夜側へと流れていく。この流された側を「磁気圏尾部」というが、この尾の長さは地球半径の数百倍、100荳km以上にもなるとされる。

リンク
関連する用語
プラズマ
大気圏
太陽風
オーロラ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic