通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
稀血
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:まれけつ
外語:rare blood type
品詞:名詞

極めて稀な血液型血液のこと。医療業界用語。

目次
概要

といってもピンキリあるが、稀血は数十万から100万人に一人などのクラスの血液をいう。

200人に一人くらいのRh(−)程度でも稀血と言う人はいるが、この程度ならまだまだ序の口である。

特徴
献血

稀なので、供給も少ないが、需要も少ないものである。

このような血液が献血された場合、-80℃以下の低温で長期間凍結保存(期限は日本国の基準では10年間)される。

さらに登録制度による相互扶助、それでも足りない場合は海外の赤十字から輸送してもらうこともある。

稀血

稀かどうかが重要になるのは献血の場合である。そこで日本赤十字社では、稀血を「稀さ」によって大きく二群に分けている。「極めて稀」なものをI群、「稀だが比較的ある」ものをII群、とする。

但し、血液型というものはABO式血液型だけではなく無数に存在し、稀となる条件は複数ある。もって、稀な条件が複数重なることもあり、この場合、II群同士が重なった場合であってもI群として扱う。

その他

稀血と呼ぶには比較的多いが、珍しい部類に入る血液型に、次のようなものがある。

リンク
関連する用語
血液型
血液

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic