通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 飲み物 > > 大洋州 > 日本 > 日本酒
精米歩合
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:せいまいぶあい
品詞:名詞

玄米に対する白米の重量パーセント(重量の割合)。例えば、精米歩合60%とは、40%を磨いた(精米した)ことを意味する。

目次
概要

市販の白米ではあまり表示されていないが、日本酒においては重要な指標として表示されている。

また米の場合、「削る」のではなくて「磨く」と表現される。

通常食べる白米の場合、精米歩合は90%前後で、つまり10%が磨かれて米糠となっている。

特徴

吟味した材料で念入りに醸造することを「吟醸」というが、そのうち、特に精米歩合が50%以下の日本酒は「大吟醸」と呼ばれる。

日本酒の場合は精米歩合60%程度はありふれており、中には35%、凄いものになると9%などという大吟醸もある。その昔は、山田錦の精米歩合35%に協会9号酵母を使った日本酒がもてはやされていた。

リンク
用語の所属
日本酒

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic