通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 生殖系
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:がく
品詞:名詞

被子植物に存在する、雄蕊雌蕊を保護する小片。萼弁。

目次
概要

萼は、花弁と共に裸花葉といい、直接生殖に関係する実花葉と対比される。

裸花葉は花弁と萼があり、両者の区別があるものと無いものとがある。区別がない場合は、花弁とは呼ばず、単に花被という。

花被の配列が一重であるものを単花被といい、その場合は花弁または萼のどちらかである。花被の配列が内外二輪であるものを複花被といい、更に内輪と外輪が異質な異質複花被は花弁と萼の双方を持つ。うち、外輪を萼という。

特徴

主な働きは、つぼみの時に花全体を包み、内部を保護することである。

花弁を持たない花の場合は、花弁の代わりに萼が虫の誘引をする。

リンク
用語の所属
被子植物

関連する用語
花弁

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic