通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 現象
蒙古斑
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:もうこはん
品詞:名詞

モンゴロイドで出生時90%以上にみられる青いあざ。皮膚深部にメラニン色素が沈着するために起こる。

目次
概要

お尻や背中に出来るのが一般的だが、それ以外にできることも希にある。

生後2歳頃までは青みがかるが、その後は徐々に薄くなり、早ければ3歳頃、遅くても7〜8歳頃までには消失するとされる。

特徴
異所性蒙古斑

四肢、顔面、腹部等、通常と違う場所に出来る蒙古斑を異所性蒙古斑という。

通常の蒙古斑より色が濃い傾向が見られ、消える時期も遅くなりがちだが、10歳頃までには消失するとされる。

青色母斑

似たようなあざに青色母斑がある。これは、自然には消えない。

外科治療による切除などを行なう必要がある。

ハンガリー人

ヨーロッパであるハンガリー人にも蒙古斑が見られるとされる。

チンギス・ハーンの侵攻がヨーロッパまで及んだ影響による混血と考えられるが、それ以前からあったとする説もある。

リンク
関連する用語
モンゴロイド

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic