通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 太陽系 > 惑星系 > 地名・現象
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:にじ
外語:rainbow
品詞:名詞

雨後などに、太陽の反対側の空に見られる円弧状の帯。これは雨粒がプリズムの役目をし、入射太陽光が雨粒中で屈折して分光することによる。


虹

一般には太陽光が射す方向に対して40〜42°の角度に太く目立つ主虹と、その外側の50〜54°の角度にかかる淡い副虹がある。

水滴中で一回反射したものが主虹、二回反射したものが副虹となる。理論上は三回反射した三本目の虹も考えられるが、反射回数が増えれば明るさは指数関数的に減るため、容易には見られない。

日本では一般に帯は七色をなし、主虹は外側から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫(菫)であるとされる。副虹はこの逆となる。しかし、この色数に関しては地域性もあり一定ではない。英語圏では藍色を認識せず虹は6色とする国が多い。

リンク
関連する用語
主虹
副虹

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic