通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素
超ウラン元素
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:ちょうウランげんそ
外語:transuranium elements
品詞:名詞

ウランよりも原子番号が大きい元素のこと。つまり原子番号が93以上となる元素。

目次
概要

一般に、天然に存在する元素で最も原子番号が大きいものがウランとされている。

実際にはネプツニウム(Pu)やプルトニウム(Np)も、ごく微量だが天然に存在するとする説もある。但し、存在したとしても極めて微量であるため、天然には存在しないものとして扱われることが多い。

そこで、人工的に作られウランよりも原子番号が大きくなる元素を超ウラン元素と呼ぶようになった。

特徴

次の種類がある。

リンク
用語の所属
元素
関連する用語
ウラン
アクチノイド
超重元素
超アクチノイド

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic