通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
運輸 > > 燃料
自然科学 > 化学 > 有機物 > 炭化水素
重油
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・火薬編 (NSUBNG)
読み:じゅうゆ
外語:heavy oil
品詞:名詞

原油から、揮発油、灯油軽油を蒸留したあとに残る、重質の油のこと。

目次
概要

原油は現在、圧力を掛けて蒸溜することで、その沸点差に応じて種類を分ける(分留)、ということが行なわれている。

原油から、ガソリン原料となる揮発油や、灯油、軽油といったものを除いた残滓が、重油ということになる。

重油は沸点が高く、一般に黒くてドロドロしている。かくして、この重粘質な油を、重油と呼ぶようになった。

特徴
税金

現在は、消費税以外の税金は掛けられていない。

軽油であれば軽油引取税、ガソリンならガソリン税が掛かるが、重油の場合はいずれにも対象外である。

種類

日本では、重油はJIS K 2205-1980に規定がある。

重油の種類は、動粘度により1種(A重油)、2種(B重油)及び3種(C重油)の3種類に分類する。更に1種は硫黄分により1号及び2号に細分し、3種は動粘度により1号、2号及び3号に細分する。

また、品質は、内燃機関用、ボイラー用及び各種炉用などの燃料として適当な品質の鉱油であって、次の規定に適合しなければならない。

性状→

↓種類
反応引火点
動粘度
(50℃)
cSt
(mm2/s)
流動点
残留
炭素分

質量%
水分


容量%
灰分


質量%
硫黄分


質量%
1種1号中性60以上20以下
(20以下)
(注)
5以下
4以下0.3以下0.05以下0.5以下
2号中性60以上20以下
(20以下)
(注)
5以下
4以下0.3以下0.05以下2.0以下
2種中性60以上50以下
(50以下)
(注)
10以下
8以下0.4以下0.05以下3.0以下
3種1号中性70以上250以下
(250以下)
0.5以下0.1以下3.5以下
2号中性70以上400以下
(400以下)
0.6以下0.1以下
3号中性70以上400を超え1000以下
(400を超え1000以下)
2.0以下

注)1種及び2種の寒候用のものの流動点は0℃以下とし、1種の暖侯用の流動点は10℃以下とする。

用途

A重油

重油のうち、民間等でよく使われるのがA重油である。

低硫黄の1種1号はLow SulphurからLSA重油と呼ばれ、次のような用途がある。

高硫黄の1種2号はHigh SulphurからHSA重油と呼ばれ、次のような用途がある。


B重油、C重油

重油のうち、民間以外でよく使われるのがBおよびC重油である。

大型のボイラー、船舶、工場、火力発電所などの燃料として用いられている。

類似の油

重油も他の油も、原油から分留して得る。このため、性状がよく似たものもある。

例えば、A重油、軽油灯油は、性状がよく似ている。

但し品質が異なり、もって用途も異なっている。

乗用車のエンジンは、燃料が指定されているので、指定された燃料のみを用いるようにする。

なお、値段が安いからとA重油を用いたりすると、「脱税」という「犯罪」になるので注意。

迷言
リンク
関連する用語
原油
軽自動車の燃料は軽油

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic