通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 軌道
静止トランスファ軌道
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:せいしトランスファきどう
外語:GTO: Geostationary Transfer Orbit
品詞:名詞

地球周回軌道静止軌道を結ぶ楕円軌道。GTO、静止遷移軌道ともいう。

静止衛星は、最終的な軌道(静止軌道)に投入される前に、一時的に楕円状の軌道を通りながら、徐々に高度を上げる。この時の軌道が静止トランスファ軌道である。通常は近地点約200km、遠地点約3万5000km(35Mm)程度の長楕円軌道をいう。

衛星の軌道を変える(高度を上げる)ためには、静止トランスファ軌道上のうち、地球から最も遠い地点(アポジ点)で衛星のエンジン(Apogee Kick Motor)を噴射する。これをアポジエンジン噴射と呼ぶ。

軌道変更は複数回行なうことが多く、静止トランスファ軌道はその順番に第1トランスファ軌道、第2トランスファ軌道、第3トランスファ軌道、と呼ばれる。

リンク
関連する用語
静止軌道
地球周回軌道

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic