通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 投与方法
静脈注射
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:じょうみゃくちゅうしゃ
品詞:さ変名詞

(薬物などを)静脈に注射すること。

目次
概要

病院などでは、薬品を注射器や点滴器具によって静脈に注射する。

「法律上問題がある行為」の場合は、注射器(俗称 ポンプ、キー)を用いて「法律上問題のある薬物」を静脈に注射することをいう。

特徴

「法律上問題のある薬物」を注射する行為自体は、俗に「突き」や「ニードル」という。

経口投与などと違い余計な経路を通らず直接血中に入ることから、即時、強力に作用する。このため依存症を引き起こしやすい。麻薬覚醒剤というと注射というイメージがあるが、実際は必ずしもそうではなく、注射までするのは本当のヤク中が多い。

使用量の調整が難しくHIV(エイズウイルス)感染ルートにもなるという欠点がある。

古くはガラス製の注射器が使われたが、近年ではインシュリン注射用の使い捨てタイプが、量の調整もしやすいということで普及しているとされている。

リンク
関連する用語
静脈
HIV

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic