通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 電圧
1.5V
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:いってんごボルト
外語:1.5V
品詞:名詞

電源電圧の一つ。直流交流がありうるが、この電圧は主に直流(DC)の「DC1.5V」が使われている。

目次
概要

乾電池や多くのボタン電池の公称電圧として知られる。

プラス電源とマイナス電源が存在する。

特徴

乾電池の公称電圧は1.5Vだが、通常は使い始めてすぐに電圧低下が生じるため、1.5V以上の時間は少ない。

コンピューター用の電源としては、5Vから3.3Vを経て、1.5V程度まで使用する電圧が下がっている。

例えば、AGP 2.0では1.5V、AGP 3.0からは0.8Vも使われるようになった。

メモリーも、DDR SDRAMは2.5〜2.6V、DDR2 SDRAMは1.8V、DDR3 SDRAMで1.5Vになった。

リンク
用語の所属
電源電圧 (電子回路)
関連する用語
乾電池
ボタン電池

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic