通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 電気工学 > 波形
60Hz
辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:ろくじゅうヘルツ
外語:60Hz
品詞:名詞

交流周波数の一つで、秒間に60回の振動があるもの。

目次
概要

北米、南米の一部(ブラジル・ペルーなど)、西日本とその影響下(台湾南鮮北鮮)の家庭用電力周波数は60Hzである。

ちなみに、東海道新幹線は全線交流25000V/60Hzで電化されている。

家庭用電力は、世界中で様々な電圧が用いられているが、周波数に関しては50Hzと60Hzの二種類しかない。

特徴

日本における60Hz地区は、次の通りである。

つまり、50Hzを供給している北海道、東北、および東京電力管内を除くエリアは、原則として全て60Hz地帯となっている。

リンク
用語の所属
交流
電灯
60
関連する用語
50Hz

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic