通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > インテル > 記号
C (Intel)
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:スィー
外語:C
品詞:名詞

IntelのCPUに使われる表現の一つで、高速FSBクロックコアを表わす。例えば、FSBが533MHzだった製品Bに800MHzが作られれば、"C" が付けられる。

Intelは従来よりクロック周波数(MHzまたはGHz)で製品を区別していた。しかしPentiumの頃から "異なる製品ながら同じ周波数になってしまう" ものが現われ始めた。

そこでこれらを区別するため、周波数の数字と単位(MHzやGHz)の間に区別用の英文字を挿むようにした。"C" はそのうちの一つで、FSBが800MHzでかつ。FSB 533MHzで同じクロックの製品としてBが存在する場合に、800MHzの製品の方に "C" を加えるようになった。

例えば、2.4GHzのPentium 4で、FSBが400MHzなら2.4GHz、FSBが533MHzなら2.4B GHz、FSBが800MHzなら2.4C GHzとなる。

リンク
メーカー
Intel
製品名
Pentium 4
関連する用語
A
B (Intel)
E
EB (Intel)
F
関連する技術用語
FSBクロック
GHz

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic