通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 構造 > 高分子
C末端
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:スィーまったん
外語:C-Terminal
品詞:名詞

蛋白質一次構造(アミノ酸配列)のうち、一方の端部、カルボキシル基側のこと。カルボキシ末端とも。

概要

アミノ酸とは、一つの炭素原子を中心に、アミノ基(‐NH2)、カルボキシル基(‐COOH)、水素原子、側鎖が結合したものといえる。

このアミノ酸が連結するに際しては、一方のアミノ酸のN末端(アミノ基)のH一つと、もう一方のC末端(カルボキシル基)のOHが取れ、結果、脱水縮合してペプチド結合を形成するのである。

このうちC末端のCという名は、カルボキシル基が‐COOHであり、基の接合部分が炭素(C)であることから命名されている。

リンク
用語の所属
蛋白質
一次構造
アミノ酸配列
関連する用語
カルボキシル基
脱水縮合
N末端

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic