通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 団体・企業
CERN
辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:セルン
外語:the European Organization for Nuclear Research
品詞:団体組織名

ヨーロッパにある、世界最大規模の素粒子物理学研究所。

目次
概要

スイス連邦のジュネーブ郊外から、フランスとの国境地帯に存在する。

CERNは準備組織として作られた理事会のフランス語名Conseil Europ〓en pour la Recherche Nucl〓aireの略称だった。後に研究所が発足し正式名称が決まった後も、CERNは略称(?)として残されている。

特徴
原子核研究

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)などが存在する。この加速器は国境を跨いでいる。

3TeVに加速した陽子同士を衝突させる、7TeVの陽子衝突を世界で始めて達成するなどしている。

現在、次のような装置があることが知られている(順不同)。

その他実績

インターネットの分野ではWWW発祥の地として知られる。

邦名

組織名the European Organization for Nuclear Researchをそのまま訳せば「欧州原子核研究機構」などとなる。

しかし様々な訳語が作られており、統一性がない。次のような名が知られる。

機構/機関、欧州/ヨーロッパ、合同/共同、などの揺れがあることが分かる。

リンク
関連するリンク
http://www.cern.ch/
関連する用語
WWW
スイス連邦

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic