通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > 電源関係
DC-DCコンバーター
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ディースィーディースィーコンバーター
外語:DC-DC Converter
品詞:名詞

直訳すると直流(DC)を直流(DC)に変換する装置。より具体的には、直流(DC)で電圧を変換するための装置をいう。

目次
概要

回路上にあるICなどの電子機器は、それぞれ動作可能な電圧の範囲が決まっている。このため、個々に見合った電圧を作り、供給する必要がある。

一方で、電源装置で供給する電圧については、それほど多くの種類がないことが多く、一種類ということも珍しくはない。その供給された電圧から必要な電圧を作るための装置がDC-DCコンバーターと呼ばれる電圧変換装置である。

特徴
方式

変換するための方式は幾つかあるが大きく二つがあり、目的に応じて使い分けられている。

電圧

入力された電圧と出力される電圧の違いから、次の二種類に分けられる。

LDOなど多くのリニアレギュレーターは入力電圧よりも低い電圧を取り出す降圧型の動作しかできない代わり小型なものが広く普及している。対してスイッチングレギュレーターは大型になる代わり、降圧だけでなく昇圧、昇降圧、反転など、様々な(極性すら異なる)電圧を得ることができる。

リンク
用語の所属
レギュレーター
関連する用語
電圧
チョッパ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic