通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 観測衛星 > 位置天文学
DIVA
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ディーヴァ
外語:DIVA: Double Interferometer for Visual Astrometry
品詞:固有名詞

ドイツ航空宇宙センター(DLR)が計画していた位置天文衛星計画で、銀河系内外の3,500万星の位置・距離・固有運動をヒッパルコス衛星の5倍の精度で測定するというもの。

衛星は2004(平成16)年頃打ち上げられ、ヨーロッパ宇宙機構(ESA)が計画しているGAIA計画と、先のヒッパルコス衛星の間の20年間の空白を埋める衛星となる予定だった。計画時点ではDIVA計画の予算は約1億ドイツマルク(4500万ドル相当)と見込まれたが、しかし予算不足等の影響から、2003(平成15)年2月、計画は中止となってしまった。

リンク
関連するリンク
http://www.ari.uni-heidelberg.de/diva/
関連する用語
位置天文学

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic