通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 麻薬(8) > 非アルカロイド系(82) > 合成麻薬(821)
GHB
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:ジーエイチビー
外語:GHB: Gamma-hydroxybutyric acid
品詞:名詞

ガンマヒドロキシ酪酸。麻薬の一種。かつて日本では麻薬及び向精神薬取締法には抵触せず(但し、当時の薬事法には抵触していた)、合法ドラッグとして乱用された。

目次
物質の情報

分子式C4H8O3。CAS番号591-81-1。IUPAC名4-hydroxybutanoic acid。

GHB
GHB

物質の特徴

米国では、GHBやGBLを健康補助食品として乱用した前例があるが、FDAは1990(平成2)年にGHBの製造販売を禁止、GHLも1999(平成11)年1月に回収を勧告した。

日本でも、厚生労働省が2001(平成13)年10月22日に近日中に麻薬に指定すると発表、翌月11月25日以降は麻薬扱いとなった。

薬効薬理

GHBは脳を抑制するように作用し、催眠/筋弛緩を引き起こす。また、成長ホルモンの分泌を促進させる働きがある。

副作用など

嘔吐、意識消失、昏睡、呼吸障害等の副作用を起こす。

アルコールなどとの併用により急性中毒を起こし死亡する例もある。

リンク
物質の特徴
麻薬
関連する物質
GBL
アルコール
関連する用語
合法ドラッグ
麻薬及び向精神薬取締法

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic