通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 用語
IUPAC命名法
辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:アイユーパック-めいめいほう
品詞:名詞

化学名の一つで、IUPACが定めた物質の体系的な命名方法の俗称。CAS命名法と共に広く使われており、中でもIUPAC命名法は科学者の中で国際標準として認識されている。

目次
概要

IUPACからは「カラー・ブック」として、命名法のほか、様々な分野用に用語集などを勧告している。

化合物の命名方法は、基本は次の二冊が基本となる。

このうち、レッドブック2005年版は日本化学会 化合物命名法委員会が和訳し2010(平成22)年に日本語版を刊行した。原著にはない化学式索引が付いている。なお、ブルーブックは鋭意作成中とのことである。

そのほか、各分野ごとの様々な定義や用語集を含めた関連する勧告がある。

特徴

例えば、飽和炭化水素なら語尾は-aneとなり、二重結合が一つあれば-ene、三重結合が一つあれば-yneとする。二つ以上二重結合や三重結合があれば、その場所と数を示し、語尾にも数詞を付ける。名称は一番長い直鎖を考え、それを元に数詞などを組み合わせて考える。

無機化合物でも、単体なら元素名に数詞を付ければよい。オゾンなら、酸素が3個なので、trioxygen、つまり三酸素である。この時、オゾンは「慣用名」として呼ばれる。

この方法によるおう命名法は、物質の構造から機械的に決定されるため、慣用などによる命名の揺れが起こらない利点がある。

結果として、様々な化合物には、IUPAC的に正式な化学名と、他の慣用名とが併存することになる。

リンク
関連する用語
IUPAC
数詞 (IUPAC命名法)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic