通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 現象 >
K殻
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ケイかく
外語:K-shell
品詞:名詞

電子殻のうち、最も原子核に近いもの。量子数1。

目次
概要

副殻は1sのみ。

総軌道数は1、総定員は2である。

特徴

K殻はs軌道のみからなる。s軌道は最大1個まで存在できるため、総軌道数は1で、最大2個の電子が入ることができる。

s軌道はK殻以外にもあるので、区別するために量子数を頭に付けてこれを1s軌道と呼ぶ。

名前

最初に発見された電子殻である。

名前がAではなくKであるのは、発見当時、更に内側に電子殻があるのではないかと考えられたためであり、アルファベットの真ん中あたりのKが取られた、とされている。

しかし実際には、K殻より内側に殻は見つからなかった。

リンク
用語の所属
電子殻
L殻

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic