通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙関係者 > 天文学者
自然科学 > 物理 > 物理学者
Karl Schwarzschild
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:カール-シュバルツシルト
外語:Karl Schwarzschild
品詞:人名

ドイツの天文学者であり物理学者。1873(明治6)年〜1916(大正5)年。

アルベルト・アインシュタイン一般相対性理論の重力方程式を解いた。これにより質量のある天体の周辺で空間が歪む、という事実が明らかとなり、ブラックホールの存在を理論的に証明した。この厳密解はシュバルツシルトの解といい、

ds2=(1-α/R)dt2-(dR2/(1-α/R))-R2(dθ2+sin2θdφ2)

となる。

この解が意味するところは、強い重力がブラックホールを作り出すというものである。

リンク
関連する用語
シュバルツシルト半径
ブラックホール

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic